環境保護
└環境技術
 └建設汚泥・汚染土壌
中間処理 | 最終処分
 
 
 
建設汚泥・汚染土壌


土の診療所
 
豊田ODCセンターは、建設工事に伴って排出される建設汚泥を砂・砂利・改良土等、再生資源としてリサイクル致します。
 中間処理
  土木建築工事から発生する建設汚泥は、廃棄物処理法に規定する産業廃棄物として取り扱われます。
当社では、産業廃棄物収集運搬業 及び一般貨物自動車運送事業(緑ナンバー)による運行管理を行っています。
建設汚泥は水分が多い為、飛散、流出防止の措置をとった水密型特殊コンテナー車や超強力吸引車で運搬を行います。
関係法令に基づき、輸送の安全性の向上を図っています。
 
 最終処分
  再生品として不適合な物は最終処分を行っています。  
 汚染土壌
  工場跡地などで発生する汚染土壌は、指定調査機関の技術管理者が初期対応調査、対策工事、工事施工をアドバイスします。
排出した汚染土壌は、汚染土壌処理施設にて適切に処分します。
 
 

Copyright(C) taihei-sangyo co.,ltd. Japan allright reserved. 
禁無断転載 This site is in Japanese only.